にきびに効果がある様々な方法と予防法をご紹介!!

正しいにきび治療の方法は??

にきび治療の方法は色々とあります。なかには普段自分でにきび治療をしているという人もいるかもしれません。しかしできればにきび治療は自分で行わない方がいいでしょう。なぜなら間違ったにきび治療をしてしまうと、完治しないばかりか完治までに時間がかかったり、最悪の場合にはにきびが悪化してしまう可能性が高いのです。ですからにきび治療をする場合に自分で荒療治的なことをするのは避けましょう。
具体的なにきび治療の方法としては、まず一つ目としてでき始めてすぐに皮膚科へ行くという方法があります。皮膚科へ行って適切に処置を早い段階でしてもらうことでかなり悪化を食い止めることができますのでお勧めです。他にも皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬を飲むことで治療になります。
膿が中にたまっているにきびができるという人もいると思いますが、にきび治療で自分で膿を出してしまう人もいます。この方法をすると皮膚が必ず傷つきますし、膿ができていた部分にバイ菌が入ればさらににきびが悪化してしまう可能性がありますので、本当は膿ができるまで放っておくのではなくて、もっと早めに皮膚科へ行くことをお勧めしますが、行けずにいた場合でも、にきびの膿を自分で出すのではなくて、皮膚科へ行って出してもらうようにしましょう。
にきび治療は正しい方法や知識が必要です。この正しい方法を間違えてしまうと治るどころか悪化しますので十分に注意しておく必要があります。

にきびはつぶした方が早く治ると思っている人は×

にきびができると、つぶした方が早く治ると思っている人も中にはいると思います。確かにいつまでも芯が残っているようなにきびの場合にはなかなか炎症が治まらずに早めに芯や膿を出してしまわなければいけないということはあると思います。しかしにきびを自分でつぶすという場合にはかなり細心の注意を図らなければいけません。爪でにきびを潰してしまうと、皮膚を傷つけることになります。
にきびをつぶして、毛穴の中にあるにきびの芯、コメドを出すと早くにきびが治ると思われがちですが、コメドというのは毛穴の中に詰まっているただの皮脂の塊です。この皮脂の塊がアクネ菌のご飯になってアクネ菌がどんどん増えていくことになるわけです。確かに早くこのご飯をとりだしておけば、にきびがこれ以上増えることはないでしょう。
しかしにきびを潰すということは実は肌への負担は大きいということを知っていたでしょうか?安易な気持ちでにきびをつぶせば毛穴が傷つきますし、毛穴が破壊されてしまうと、皮膚に跡が残るということもあるのです。
毛孔が傷ついてその部分からまたバイ菌が入ってしまうとさらににきびが悪化するということもあり得ますから本当に注意しなければいけません。爪で潰すというのは肌への影響も悪いので、その際に使われるのが、面ぼう圧子というものを使って行います。ドラッグストアなどでも販売されていますから、こちらを使って芯を出して、そのうえで消毒と出しああとのケアが必要です。

にきび化粧水でできにくい肌に

にきび化粧水とはにきびの人の化粧水のことを言います。にきびを予防したり改善するためには肌の保湿は欠かせません。乾燥がにきびの原因になっているとも言われていますからにきびをできにくくするためにも、にきび化粧水というのは必要なのです。にきびの人が化粧水を選ぶ場合には肌の状態に合わせて選ぶことが必要です。にきび化粧水といっても一種類ではありません。乾燥肌でにきびができている人もいれば、オイリー肌でにきびができている人もいますから、同じにきび化粧水ではいけないのです。自分の肌に合わせたにきび化粧水を選ぶことがポイントです。
具体的にいうと、オイリー肌の人は脂っこい肌質になっていますかから、アルコールがはいっているような付け心地がさっぱりとするような化粧水がいいと思います。この化粧水をつければ少し皮脂の分泌がおさまります。そして乾燥している肌の人というのは、肌の状態があまりよくありませんからアルコールは刺激になりますのでノンアルコールタイプの化粧水を選ぶようにするといいと思います。
乾燥肌の人はしっとりとさせる保湿力が強いにきび化粧水がお勧めです。にきび化粧水はこのように肌質に合わせて選ぶことが大切ですが、共通して言えることとしては、どちらの場合も肌に刺激を与えないようなものを選ぶことが大切で、保湿のためにはたっぷり目ににきび化粧水をつけてパッティングしたりして肌に保湿成分を注入するようにするといいでしょう。

にきび跡が残らないように

にきび跡が残ってしまって化粧で隠れるという人はいいのですが、男性の場合には化粧はしませんから目立ってしまう人も多いともいますし、女性でも、にきび跡の具合によっては化粧で隠せないという人も中にはいるのではないでしょうか。にきび跡ができる理由は、にきびが悪化して顔の炎症がひどくなってしまったために、その部分が治ったとしても、跡が残ってしまうのです。にきび跡といっても人それぞれ症状は色々で、少し跡が残っている程度だという人も中にはいますし、ひどい人になるとクレーターと呼ばれる月の表面のようにえぐれているように、顔の皮膚がなってしまっているような人もいます。
にきび跡が一か所ならまだいいのですが、クレーターのようなひどいにきび跡が顔中に出来てしまっているというケースもありますから、十分にきびケアには注意が必要です。にきびが悪化したことによってにきび跡はできますが、他にも爪で無理やりにきびの芯を押しだしたりした場合にも皮膚が傷ついてその部分が跡になってしまいます。
一度できてしまったにきび跡というのはなかなか解消することが難しいですから、にきびができたら、できるだけ放っておかないで、すぐに対処をして悪化させない工夫が大切です。悪化させてしまうとその部分のなおりが遅くなりますし、そうなってしまうとにきび跡が残りやすくなってしまいます。にきび跡は一度できると完治することは難しいので注意しましょう。

大人にきびの原因

大人にきびに悩む人がいま昔よりも増えているといわれています。なぜこれほどまでに大人にきびに悩む人の数が増えたのか、その理由は色々とあるといわれています。理由を紹介する前に大人ニキビとは何か紹介したいと思います。ニキビと言えば、思春期にできるというイメージを持っていた人も多いと思います。思春期を過ぎてから出来るにきびのことを吹き出物という呼び方で呼ぶこともあったのですが、ここ数年吹き出物とは言わずに大人になってから出来るにきびのことを大人ニキビと呼んでいるのです。大人にきびというのも思春期にできるにきび同様にして、脂っこい部分やべたつく場所などに出来やすいとされています。種類も思春期のにきび同様に、いろいろな種類があります。
例えば大人にきびの種類として代表的なものが白い膿をもっているにきびです。油の塊のような芯があり、少し押すと痛みを感じることもあると思います。この大人にきびを無理やり爪で潰すという人も中にはいるようですが、肌を傷つけてしまいますから、無理やりつぶしてはいけません。
そして大人にきびとしては、他にも赤いいにびや黒いにきびなどもあります。もともとは同じにきびでしたが、症状の重症具合によって色が変化していきます。これらの大人にきびができる原因としてはストレスが原因であったり、不規則な日常生活が原因とも言われていますし、また栄養が偏った食事を食べていることで大人にきびができるとも言われています。


最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.hoteleroticabook.com/" target="_blank">http://www.hoteleroticabook.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。